FC2ブログ
topimage

2019-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野市国際交流コーナー 異文化理解講座 ブータン編 - 2013.09.09 Mon

9月7日、長野市で講演をさせていただきました。

000_R_2013091609222719a.jpg


狭い会場にも拘らず、40名ほどの皆様にお越しいただきました。
ブータンが一大ブームになったのはもう2年も前ですが、それをきっかけに興味を持った方が、まだたくさんいるんですね。

内容は、前回のイベントの時とほとんど同じですが、大人向けにGNHのお話もさせていただきました。
できるだけ写真や映像を見て感じていただく内容にしています。
先日頂いた感想を拝読しましたが、身に余るお褒めの言葉ばかりで、逆に心配になるぐらいです。…笑


一方、私が話をさせていただいて感じることもあります。
ブータンについて日本で知られていることは、「幸福」というキーワードの一方向から見た偏ったものだということ。

ブータンの国民はみんな幸せで、貧しくても笑顔で、心が豊か…

そんなわけはないんですよね~。。。

ブータンとて、日本と同じく普通の人間が暮らす国です。
苦しんでいる人もたくさんいるし、ブータンの事が嫌で、国を出たがる人も実際大勢いる。

いい面もあれば、悪い面だってたくさんあります。
でも、私はそれが「国家」というものだと思っています。

ブータンから学ぶ面もあれば、ブータンが日本から学ぶ面も大いにあります。
いい面はまねすればいいし、悪いところは吸収しなければいい。
それぞれの国が違う特徴を持つこと、それは当然であり、それでいいのです。

「違うこと」をまず知る。
そして考える。

多くの日本人は、「違い」のなかで、どう寄り添っていけばいいのか考えると思います。
寄り添い方は、人それぞれでいい。
本当は、「ブータン」という個性と「日本」「自分」という個性を、無理やり合わせる必要はないんですよね。
「違うんだ」ということさえわかっていれば…

そんなきっかけになるお話を、これからもさせていただけれればと思っています。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiyokotori.blog119.fc2.com/tb.php/270-5900713a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

書評のご紹介 «  | BLOG TOP |  » ◆講演会のお知らせ◆

プロフィール

HIYOKO

Author:HIYOKO
JOCV(青年海外協力隊)平成22年度3次隊・青少年活動
2011年1月6日~2013年1月5日 ブータンにて活動。
パロ県ドゥゲルのろう学校で美術を教えていました。

**********************
2013年、ブータンでの暮らしを描いたノンフィクションを、出版していただきました。
000_R.jpg
「ブータンの学校に美術室をつくる」
WAVE出版
定価 1,512円(本体 1,400円+税)
A5判 上製 164ページ
ISBN 9784872909616

WAVE出版
●amazon
●TSUTAYAオンライン
●紀伊国屋
●セブンネットショッピング
●クロネコヤマトのブックサービス
●Jbook


**********************
★ブータンの素材を使った雑貨を手作り販売しています。

gal1.jpg

売り上げの一部が、勤務していたブータンのろう学校へ西洋美術の画集を贈る資金になります。
販売は以下のサイトで!
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

**********************


◆メッセージ◆


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
出発前準備 (2)
アート (5)
ブータン事情 (29)
ブータン生活 (57)
青年海外協力隊 (75)
日本 (7)
ブータン旅行 (7)
その他 (10)
ブータン出張 (5)
ブータンの幸福 (2)
ブータン旅行・東編 (5)
ブータン旅行・中央編 (8)
任国外旅行・ネパール編 (7)
パロ楽芸祭 (9)
パロツェチュ (1)
任国外旅行・タイ編 (5)
任国外旅行・インド編 (4)
ヒマラヤ・トレッキング (14)
お知らせ (14)
執筆 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。