FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢山の宝物をありがとう。 - 2012.11.03 Sat

快晴の今日。

学校に許可をもらい、美術クラブの生徒たち13人を連れて、写生会に出かけました。
1年前には考えられなかったことです。
なぜなら、まず手話が貧相で、コミュニケーションが完全にできるわけではなかったこと。
そして、日々の授業のことでいっぱいいっぱいで、そんなことを考える余裕がなかったから…
でも、今ならコミュニケーションには問題ないし、全てが終わっているのできっと楽しいと確信できていました。

今まで職業訓練的な指導ばかりで、なかなか絵を指導することができなかったのがずっと心残りで、最後の最後になっちゃいましたが思い切って企画しました。

朝、パックランチを持って、学校出発!
DSC_0596_R_20121103230431.jpg DSC_0597_R_20121103230431.jpg

DSC_0598_R.jpg

途中、きれいな景色にも出会います。
DSC_0609_R_20121103230601.jpg

DSC_0629_R_20121103230730.jpg

DSC_0632_R.jpg

DSC_0635_R.jpg


目的地は、学校から歩いて約1時間のドゥゲ・ゾン。
火災で焼失した古いゾンですが、観光地としても有名です。
DSC_0622_R.jpg

DSC_0623_R_20121103230430.jpg
後ろの山は、5000mを軽く超えています。

DSC_0649_R.jpg


思い思いの場所で、鉛筆を走らす生徒達。
DSC_0681_R.jpg

DSC_0664_R.jpg DSC_0685_R.jpg

DSC_0690_R.jpg DSC_0692_R_20121103231115.jpg

DSC_0667_R_20121103231114.jpg DSC_0678_R.jpg



ランチの時間。
DSC_0728_R_20121103231504.jpg

DSC_0735_R.jpg

今日のケワダチは、これまた一段と辛かった!!


午後は写真撮ったり、残りの絵を仕上げたり、自由に楽しみ。

DSC_0682_R_20121104003012.jpg
7316m、ジョモラリは今日も真っ白!

DSC_0786_R.jpg

DSC_0689_R.jpg

DSC_0696_R.jpg
刈り入れもすっかり終わった棚田。

img005_R.jpg
そのビール瓶、どっから拾ってきた???

DSC_0818_R.jpg
2年前、あどけない少年だった生徒は、今や立派なヒマラヤの男たち!!


ゆっくりと学校へ帰ります。
DSC_0856_R.jpg

DSC_0906_R.jpg


彼らの作ったクラフトが順調に売り上げてくれたので、1年間全ての生徒に美術の授業を受けさせることが出来ました。
だから、今日のおやつ、食事は全て私からのお礼。
そして、女の子には私が着ていたキラ・テゴ・ウォンジュのセットを1つづつ。
男の子には靴下を、先日教えたデショのギフトバックの小さいのを作って入れて「Thank you」のスタンプを押した。
DSC_0578_R.jpg

それから、新しいスケッチブックと、5円玉と折鶴をブータンのスンキ(お寺などで貰うありがたいヒモ。)でつるしたラッキーチャームを作ってプレゼント。
RIMG0008_R.jpg
素晴らしい「ご縁」をありがとうってことで…


このプレゼントは、生徒達、本当に喜んでくれた。
女の子は、美術室の隅で泣いていました。。。
泣くなよ~~~ぅ!!!私も泣いちゃうじゃないか!!!


協力隊としてブータンに渡ってから、間違いなく一番楽しかった日。
ここに来てよかったと心から思えた。
辛かった私の2年が、知らないうちに意味のある2年に変わっていたんだね…
キミたちと沢山話ができるようになって、キミたちにこんなに慕われて、教師冥利に尽きます。
最後に素晴らしい1日をありがとう!


DSC_0914_R_20121103232144.jpg

思い出深い美術室の前にて。
最後の記念写真。



*帰国まであと62日!*


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

なんだか涙がでてきそう!濃い時間だったんですね!

読むたびに

このごろ、読むたびになにかこみ上げてくるものがあって…

今日のブログは、24の瞳のようだった。…と、思うだけで胸がいっぱいになります。

「24の瞳」と違って戦争はないから、このまま成長して全員が、いつかHIYOKOマダムに会いに来てーって感じ。

40過ぎるとこういう話を読んだだけで涙が出てくる。
なんか、もずみに泣かされるなんて悔しいがw

終わりよければ

終わりよければ全てよし、でしょうか。
残りまだ2ヶ月ありますが、そちらの方も頑張ってください。

akinoriさん

濃いですよ~。ブータン。
濃すぎで、時々胃もたれ感がありますよ~。

kazさん

24の瞳!
そんなに美しくはないですが、皆が成長した姿は、いずれ見たいですね。

まんきちくん

ははは、泣かせたった!
涙腺弱いなぁ。
私は泣かなかったよ。
こういう場面でも、ブータン人の前で泣くと
「なんであいつ泣いてんの?あははは~」
って、笑われるらしいから…
だから女の子は隅っこで泣いてたんだよね、きっと。

もっちーさん

いやいや、まだこれで終わりじゃないんだな。
予想外の展開が私を襲うことになるとは、この時はまだ知らない…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiyokotori.blog119.fc2.com/tb.php/249-3eb98e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まさかのオチ «  | BLOG TOP |  » Art Exhibition in DLSS, Deaf Unit

プロフィール

HIYOKO

Author:HIYOKO
JOCV(青年海外協力隊)平成22年度3次隊・青少年活動
2011年1月6日~2013年1月5日 ブータンにて活動。
パロ県ドゥゲルのろう学校で美術を教えていました。

**********************
2013年、ブータンでの暮らしを描いたノンフィクションを、出版していただきました。
000_R.jpg
「ブータンの学校に美術室をつくる」
WAVE出版
定価 1,512円(本体 1,400円+税)
A5判 上製 164ページ
ISBN 9784872909616

WAVE出版
●amazon
●TSUTAYAオンライン
●紀伊国屋
●セブンネットショッピング
●クロネコヤマトのブックサービス
●Jbook


**********************
★ブータンの素材を使った雑貨を手作り販売しています。

gal1.jpg

売り上げの一部が、勤務していたブータンのろう学校へ西洋美術の画集を贈る資金になります。
販売は以下のサイトで!
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

**********************


◆メッセージ◆


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
出発前準備 (2)
アート (5)
ブータン事情 (29)
ブータン生活 (57)
青年海外協力隊 (75)
日本 (7)
ブータン旅行 (7)
その他 (10)
ブータン出張 (5)
ブータンの幸福 (2)
ブータン旅行・東編 (5)
ブータン旅行・中央編 (8)
任国外旅行・ネパール編 (7)
パロ楽芸祭 (9)
パロツェチュ (1)
任国外旅行・タイ編 (5)
任国外旅行・インド編 (4)
ヒマラヤ・トレッキング (14)
お知らせ (14)
執筆 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。