FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Art Exhibition in DLSS, Deaf Unit - 2012.10.31 Wed

学校での最後の活動として、展覧会を開催しました。
目的は、デフユニットの生徒の成果を、デフの生徒だけではなく健聴の生徒たちにも見せること。
そして、先生たちにも。



以前このブログでも、何度か生徒の作品を紹介しています。
2011年8月3日
2011年8月30日
2012年4月1日
2012年5月21日


これら作品を一部含み、展示可能な限りを並べました。
場所は、学校で一番広い多目的ホール。
結構な広さがあったけれど、作品で埋め尽くされました。

DSC_0428_R_20121101195348.jpg

DSC_0378_R.jpg

DSC_0432_R.jpg



***それでは新作をご覧ください***


DSC_0377_R.jpg
PP(幼稚園年長クラス)の作品。
同じ図形のみで画面をいっぱいにするパターンアート(下)
自画像を張った厚紙に、帽子、サングラス、粘土のメダルをかけて、仮装大会。(上)

DSC_0438_R.jpg
ブータンの手漉き紙「デショ」を水彩で染め、紙の箱を作りました。

DSC_0442_R.jpg
柔らかい色合いで味があります。


DSC_0444_R.jpg
私が一番好きな作品。
ブータンらしく、鮮やかで美しい色合い。
センスの良さを感じます。

DSC_0504_R_20121101202722.jpg
こちらもデショを使ったペーパーフラワー。
なんと、PPの子どもたちが作っています。
これは健聴クラスの大きな生徒たちも驚いていました。
「完成度高いけど、実は簡単!」
ってことを知ってもらいたかった。
高度な技術ばかりがアーティスティックな作品を作り上げるワケではないのです。

DSC_0434_R.jpg
ゴミから作った夢の街

DSC_0436_R.jpg
ドールハウス級の精密さ!時計や鉢植えが作られてます!!!
見学に来た子どもたちを釘付けにした作品No1!!

DSC_0437_R.jpg
一番人気の展示、ペットボトルロケット。
油性マジックがあまり普及していないこの国で、ボトルの色彩がきれい!と評判でした。
ボトルの両脇を叩くと、ロケットが勢いよく飛び出します。
単純だけど、めちゃめちゃ盛り上がった。
Class8まで夢中になって。。。
ブータン人、やっぱり永遠の少年・・・

DSC_0449_R.jpg
CDとフィルムケースでできたホバークラフト。風船を膨らませて平らな面に置くと、動きます。
理科指導の経験が生きました。笑
奥は、お菓子の箱と包装紙で作ったバッグ。美術室にいつも遊びに来てた女の子の作品。

DSC_0450_R.jpg
友達の変顔を書いて、筒状にしたトーテムポール。

DSC_0445_R_20121101195749.jpg
Preparatory(幼稚園年中)の作品。
紙染して切り紙を張った作品(上)
カレンダーで作った折り紙の家(下)
扉を開くとカレンダーの写真が風景として現れます。
真ん中は、トーテムポールにできなかった変顔(PPとClass3)の作品。

DSC_0383_R_20121101195748.jpg
黒の絵の具だけでコントラストを学ぶ風景画。
実はブータンの子どもたちは、絵の具の水分量で濃淡を調節することがすごく苦手なのです。
もう1年あったら、カラーで風景の描き方なんかも教えられたのに…

DSC_0448_R.jpg
モナ・リザの模写
子どもたちはモナ・リザを知りませんでした。
個性豊かなモナリザさんたち。
光と影の差を付ける事に大分慣れてきた子どもたち。


DSC_0390_R_20121101195349.jpg
廊下に2年間の授業の様子を写真展示もしました。
写真大好きブータン人。
すごく喜んでいました。



見学の様子。
健聴クラスの生徒も全員見学することになっています。
DSC_0398_R.jpg
「あっ、ザイ~~」「ジクス!!」と、口々につぶやく子どもたち。

DSC_0395_R_20121101202321.jpg
関係ないけど、右の子、小1にしてブータンオヤジの貫録。
背中が語ってます…

DSC_0558_R.jpg
大きな生徒も、夢中です。
担任の先生が「そろそろ帰りますよ!」と言っても、
「まだ!今楽しんでる最中なんです、マダム!」
と言って、帰ろうとしない。
そして、以前から興味を持ってくれていたインド人の先生に、「金曜日、この作品の作り方を教えてくれない?」って頼まれました。

興味を持たない教師はそもそも見に来てくれないし、生徒を引率してきてもただ座ってるだけだけど、それは想定内。校長先生はそれを見越して、「時間割を組んで全学年見学させる。じゃないと見に行かせない教師もいっぱいいるから。そういう先生はほっときなさい。」と言ってくれました。
でも、子どもたちがこれだけ楽しむ姿を見れば、教師であるなら心に響く何かは絶対にあったはず。
見に来なかったり、何も感じなかったりした教師たちには、可哀そうでしたね、としか言えません。

それより、「どうしても見たかったんだよ。」といって、空いている時間にわざわざ足を運んでくれた先生が何人もいたことが意外でした。
美術は新しい分野であり、新しいことを見てみたい人が増えてきたという「ブータンの今」を象徴しているような出来事です。
閉ざされた村社会であっても、世界を広げる努力をしている人も実は結構いて、そうでない人との格差はこれから広がるんだろうなぁと思います。

そしてなにより、頑固で閉鎖的な教頭先生の変化。
今まで、このホールの片隅に常時作品を飾りたいと申し出ていたのですが、「邪魔になる。壊される。盗まれる。だからダメ。」と、頑なに拒否され続けていました。
だから、短期間だけお願いってことでこの展示会を企画したのですが、見学を終えた教頭先生の口から、まさかの言葉が飛び出しました。

「出来るだけこのまま飾っておけるようにしよう。」


教科書もなく、何から何まで初めてであるブータンの美術教育。
理解されないであきらめたことも多かったし、彼らに経験のないこういう企画物も結局一人でオーガナイズすることにはなったけれど、彼らが経験を重ねていくうちにJOCVへの協力者も現れ、やがてこの国らしくゆっくりと定着していくのかもしれません。



最後に。
私が2年間の指導で意識していたのは「できるだけ多く、新しい驚きの経験をさせること。」でした。
「美術の授業を通して子どもが楽しむ」ということはもちろんなのだけど、それだけでは学校で美術を教わる意義がない。
幼児の「お母さんとつくろう!」レベルの物ばかりでは、大きな生徒は飽きてしまうし、成長を自分自身が感じることも出来ない。
知る、実践する、発展させる、を繰り返すと、達成感が得られるので、ロジカルに組み立てられた段階的な指導計画が必要。これは美術に限ったことではなく、すべての科目にいえること。

何かを学ぶことの中には、新しい発見があるから面白いのです。

数ある途上国の中でも物が手に入りにくい国であるブータンで、色んなアクティビティを沢山の材料や道具を使って授業をできたこと、そうできるようにマネジメントできたことは、大変ではあったけれどやってよかったと思えます。
教科書も道具も材料も豊富にある日本なら、私の授業はそれほど大した内容ではないでしょう。
しかし、ここブータンにおいては「奇跡」なのです…
マネジメントさえうまくいけば、この奇跡の授業はずっと続いていくはず。
そして、いつの日か私の教えた生徒が美術教師になる日が必ず来るはずです。



これで、私の任地での仕事は終わり。



次は…


任期終了までの2か月の間に、ブータンで美術の本を出版します!

崖っぷち青年海外協力隊、まだまだ続く~!!!


*帰国まであと65日!*


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiyokotori.blog119.fc2.com/tb.php/248-bd8d92e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沢山の宝物をありがとう。 «  | BLOG TOP |  » COMPLETED!

プロフィール

HIYOKO

Author:HIYOKO
JOCV(青年海外協力隊)平成22年度3次隊・青少年活動
2011年1月6日~2013年1月5日 ブータンにて活動。
パロ県ドゥゲルのろう学校で美術を教えていました。

**********************
2013年、ブータンでの暮らしを描いたノンフィクションを、出版していただきました。
000_R.jpg
「ブータンの学校に美術室をつくる」
WAVE出版
定価 1,512円(本体 1,400円+税)
A5判 上製 164ページ
ISBN 9784872909616

WAVE出版
●amazon
●TSUTAYAオンライン
●紀伊国屋
●セブンネットショッピング
●クロネコヤマトのブックサービス
●Jbook


**********************
★ブータンの素材を使った雑貨を手作り販売しています。

gal1.jpg

売り上げの一部が、勤務していたブータンのろう学校へ西洋美術の画集を贈る資金になります。
販売は以下のサイトで!
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

**********************


◆メッセージ◆


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
出発前準備 (2)
アート (5)
ブータン事情 (29)
ブータン生活 (57)
青年海外協力隊 (75)
日本 (7)
ブータン旅行 (7)
その他 (10)
ブータン出張 (5)
ブータンの幸福 (2)
ブータン旅行・東編 (5)
ブータン旅行・中央編 (8)
任国外旅行・ネパール編 (7)
パロ楽芸祭 (9)
パロツェチュ (1)
任国外旅行・タイ編 (5)
任国外旅行・インド編 (4)
ヒマラヤ・トレッキング (14)
お知らせ (14)
執筆 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。