FC2ブログ
topimage

2019-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒマラヤトレック・花紀行 ~その⑪ 消化試合 - 2012.07.09 Mon

トレック11日目。地図

DSC_0124_R.jpg

このJigmelangtsoというキャンプサイトからは、有名なトレッキングコース「Druk Path」に入ります。

湖や川がきれいです。
DSC_0126_R.jpg


上がったり下がったり、高低差のあるコースで、4000mを下回る場所も。
苔のついた林。
DSC_0140_R.jpg

DSC_0143_R_20120724000752.jpg

DSC_0129_R.jpg

峠もあり。
DSC_0150_R.jpg

花畑もあり。
DSC_0160_R_20120724001300.jpg

沼そして沼…
DSC_0163_R.jpg

RIMG0012_R.jpg

もう川と沼はいいっす…
ドロドロです。
どんだけ汚いか、お見せできないのが残念なぐらい。
風呂なし生活も1週間を超えると体中が痒い。
そして、多分臭い。(みんな同じだから気が付かない。)
女子たるや、好意を持った殿方とトレッキングするときは気を付けてください。


Yeli-la(最高地点)の手前から、ずっと付いてきている犬。
DSC_0161_R.jpg
この子はいつも食事のおこぼれをもらうため、トレッカーたちと最後まで旅するらしい…
歩くのが一番遅い私に付き添って、道案内をしてくれました。
この子がいなかったら、ホントに迷ったかもしれなかった…


最後のキャンプサイトがぬかるみすぎててテントが立てられず、急きょ30分ほどティンプー寄りになったというオマケつき。
RIMG0016_R_20120724001259.jpg

昨日、最後の目的「チュカメト」を見てしまったため、消化試合のようにただこなしただけって感じです。
正直、シャクナゲの無い時期にDruk Pathのトレッキングする価値って、あんまりないんじゃないか…
と、大して山も知らんのに偉そうに思ってしまうのは、それまでがいろんな意味でスゴかったから。。。


最後の晩餐は、モモ。
RIMG0019_R_20120724001301.jpg
彼女たちともスタッフとも、長い事一緒に過ごしただけに、寂しい気がします。
明日はいよいよゴール!


*Druk Path、Jigmelangtso~Labanaまで、標高4000m前後のお花たち。*

まだ蕾な花。
DSC_0138_R.jpg DSC_0132_R_20120724001937.jpg

DSC_0130_R_20120724001815.jpg DSC_0164_R.jpg

シダも沢山見えてきました。
DSC_0135_R_20120724001814.jpg


******************************


meto.gif今日のメトmeto.gif

DSC_0021_R_20120724001521.jpg

ボンボリ・トウヒレン
Saussurea obvallata


キク科トウヒレン属
標高:3660~4880m
開花時期:7~9月

*正確には、この花はDruk Path上ではなくその手前にありました。

ヒマラヤにしかない大変珍しい花で、私もこの2本しか見られませんでした。
ノビレダイオウと同じく温室植物の仲間。
半透明なボンボリ状の温室を作って、中に花を咲かせます。
インドのヒマラヤ地方では、ナンダ・デヴィの女神を宿すと言われ、シーク教の聖花になっています。
スケスケだけど、神聖な花。


勝手に花言葉: 「エロとエロスは紙一重」




 ⇒ヒマラヤトレック・花紀行最終回へ

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

スゴイ道のりですね!!並の体力ではついていけないような凄さですね!!

連絡取れました。ありがとうございました!!様々な不安がけし飛びました!

akinoriさん

凄かったですよ…
でも私でも行けたんで、普通の人は行けるはず。
連絡取れてよかったです。
派遣まで、準備大変でしょうが頑張ってくださいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiyokotori.blog119.fc2.com/tb.php/215-957dc33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒマラヤトレック・花紀行 ~最終回 トレックで得たもの «  | BLOG TOP |  » ヒマラヤトレック・花紀行 ~その⑩ 太郎降臨

プロフィール

HIYOKO

Author:HIYOKO
JOCV(青年海外協力隊)平成22年度3次隊・青少年活動
2011年1月6日~2013年1月5日 ブータンにて活動。
パロ県ドゥゲルのろう学校で美術を教えていました。

**********************
2013年、ブータンでの暮らしを描いたノンフィクションを、出版していただきました。
000_R.jpg
「ブータンの学校に美術室をつくる」
WAVE出版
定価 1,512円(本体 1,400円+税)
A5判 上製 164ページ
ISBN 9784872909616

WAVE出版
●amazon
●TSUTAYAオンライン
●紀伊国屋
●セブンネットショッピング
●クロネコヤマトのブックサービス
●Jbook


**********************
★ブータンの素材を使った雑貨を手作り販売しています。

gal1.jpg

売り上げの一部が、勤務していたブータンのろう学校へ西洋美術の画集を贈る資金になります。
販売は以下のサイトで!
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

**********************


◆メッセージ◆


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
出発前準備 (2)
アート (5)
ブータン事情 (29)
ブータン生活 (57)
青年海外協力隊 (75)
日本 (7)
ブータン旅行 (7)
その他 (10)
ブータン出張 (5)
ブータンの幸福 (2)
ブータン旅行・東編 (5)
ブータン旅行・中央編 (8)
任国外旅行・ネパール編 (7)
パロ楽芸祭 (9)
パロツェチュ (1)
任国外旅行・タイ編 (5)
任国外旅行・インド編 (4)
ヒマラヤ・トレッキング (14)
お知らせ (14)
執筆 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。